うつ病の特徴は心の症状!早速チェックしておこう

女性に多い病気

ハート

女性は男性の2倍もうつ病になりやすいと言われています。基本的にストレスなどが原因となっているのです。女性の方は病気についてチェックしておきましょう。まず、女性の場合は、月経前不快気分障害という症状が現われるでしょう。基本的に月経前に現われる症状です。月経が始まれば、時間の経過と共に症状は良くなっていくでしょう。ですが、これは立派な病気です。しっかりとチェックしておく必要があるでしょう。一般的に抑うつ症状などが現われます。また、イライラや不安などが、症状としては多くみられるでしょう。精神的に不安定になるので、日常生活に支障をきたしてしまいます。攻撃的になるのも特徴の1つです。他人に対し、感情に任せて暴力を振るうこともあるでしょう。ですが、月経が始まれば問題ないと考えている方も少なくありません。ですが、うつ病の一種であることを自覚し、早めに治療を受けることが大切です。

産後うつも女性がチェックしておくべきうつ病の一種でしょう。出産後にこのような病気を患ってしまうのです。身の周りの環境が変わってしまうことで生じるストレスが原因だと考えられています。女性の10パーセントから15パーセント程が、産後うつを発症していると言われているのです。症状としては不眠や食欲不振、頭痛に吐き気、不安やイライラなどが挙げられます。神経質になることも多く、余計にストレスを感じてしまうでしょう。産後うつを発症してしまう原因としては、女性ホルモンの低下も関係しているのです。基本的に妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になります。血中の女性ホルモンの値は、とても高くなるでしょう。ですが、出産直後に女性ホルモンの値が急激に減少してしまうのです。このような急な変化が起こることによって、産後うつを発症する確率が高まってしまいます。妊婦や妊娠を予定している女性の方は、産後うつに気をつけておきましょう。

女性に多い病気として挙げられるのが、更年期障害です。そして、更年期障害の影響によって更年期うつを発症してしまう女性も多いと言われています。女性に多いうつ病の中でも、特に注意が必要だといえます。女性ホルモンの分泌量が大きく減少する更年期は、ストレスが生じやすいのです。体調や精神状態も不安定になり、強いストレスを感じます。通常の更年期障害の症状に加えて、抑うつ症状が現われている場合はチェックが必要です。ただの更年期障害だと思っていたら、更年期うつを併発していることも少なくありません。一般的に更年期うつは発覚が遅れやすいとされています。気になることがあれば、専門の医師に相談することが大切です。抑うつ症状に注目しておきましょう。心の状態に目を向けることで、病気を早期発見することができるようになります。